雪上実習野外調査生物計測学実験及び実験法シカ行動圏調査鳥類調査魚道調査測量実習樹幹解析




「博物館学芸員」資格養成機関に認定登録
そのほか取得可能な資格一覧

■■■今月の1枚■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チャートの褶曲の様子(岐阜県岐阜市金華山)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
top202004.jpg
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チャートは、海洋で浮遊生活をしていた放散虫化石の堆積した岩石です。
岩石のような非生物要素への理解も、地域の成り立ちを知るために重要です。
この金華山はかつて稲葉山と呼ばれ、いま大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台に
なっています。

過去の今月の1枚(2019年1月より)

◎【学会開催】
岐阜大学で環境生態科学コースの教員が主担当として開催した
学会情報
jspslogo80.jpg
終了:日本植物分類学会第19回大会、2020年2月29日(土)~3月3日(火)

cyuburogo20160914.jpg
終了:第9回中部森林学会大会、2019年12月7日(土)

◎【お知らせ】
令和2年3月末日をもって、千家正照教授は、定年退職されました。
なお、千家先生は、特任教員(共同研究講座※)として
今後2年間在籍され、引き続き教育研究に携わっていただく
こととなっております。
(※株式会社ユニオン インフラメンテナンス共同研究講座)

開催延期
【最終講義】千家正照教授、全学共通教育講義棟1階多目的ホール、
「40年間の教育研究生活を振り返って」、3/14(土)、13:30~
(開催日は未定です。決まり次第お知らせいたします。)


◎【お知らせ】
平成29年4月に、大学院自然科学技術研究科が設置されました。
応用生物科学部を卒業後、大学院修士課程へ進学される場合は、
この研究科(生物生産環境科学専攻環境生態科学領域)へ
所属することになります。


---入試情報------------------

---新着情報------------------
NEW! 【採択】「低消費電力・遠距離通信プラットフォーム構築による安全安心な林業労働環境の創出と地域山林資源活用の可能性評価」(SDGsの達成に向けた共創的研究開発プログラム)に採択(国立研究開発法人科学技術振興機構)。森部 絢嗣准教授 (野生動物資源学)、10/30(月)

NEW! 【採択】「生態系サービスの見える化による住民参加型制度の実現可能性評価と政策形成過程への貢献」(科学技術イノベーション政策のための科学研究開発プログラム)に採択(国立研究開発法人科学技術振興機構)。乃田啓吾助教(水利環境学)、10/1(木)

NEW! 【新聞報道】「ミズバショウ 花咲いて! 高山・荘川小児童 群生地に苗移植」、安藤正規准教授(森林動物管理学)、毎日新聞、10/1(木)

NEW! 【受賞】「2020年度 水文・水資源学会 学術出版賞 大西健夫准教授(流域管理学研究室)、他2名、「地球を旅する水のはなし」、福音館書店、9/17

NEW! 【プレスリース】「中国からの大気汚染流入が減少し、立山のブナが元気になった」、石田仁准教授ら(山地管理学)、Environmental Pollution誌、8/27掲載

◎【開催予告】岐阜大学Webオープンキャンパス、7/31サイトオープン、7/27

◎【掲載】【ひらけ! 授業の扉】「樹木・草本植物・鳥類・昆虫・水棲生物 識別実習」、毎週火曜日は教室を出て、里山や川へ!絶好の環境を利用して生物を体系的に理解(PDFファイル)、岐大のいぶき39号、6/26

◎【新聞報道】保全活動の荘川小児童 山中峠のミズバショウ群落 種採取の網取り付ける、中日新聞[飛騨]、山中峠のミズバショウ群落守れ 県天然記念物 肉穂花序を保護、岐阜新聞[飛騨]、6/16掲載、安藤正規准教授(森林動物管理学)

◎【報告】応用生物科学部・大学院自然科学技術研究科パンフレット発行、PDFファイル。


◎【報告】令和2年度環境生態科学コースに、35名の3年次学生が分属、4/1。

◎【受賞】2019年安全・安心ベストプラクティス賞、「LPWA通信を用いた作動通知システムの開発と実装(野生動物が捕獲された際に、GPS情報と共にアプリへ通知するシステムの開発)」 森部絢嗣(野生動物資源学)他2名、電子情報通信学会、授賞式3月18日

開催中止 【公開シンポジウム】岐阜シンポジウム、「植物誌の科学:身近な植物から世界の植物まで網羅する挑戦~岐阜県植物誌から植物の世界を見る~」、3/1(日)、13時~、岐阜大学講堂、問い合わせ先、川窪伸光教授(多様性保全学)

◎【公開発表会】修士論文発表会、17名、2月13日(木)9時~17時30分、102番教室、卒業研究発表会、25名、2月18日(火)9時~16時、102、103番教室

◎【受賞】「河野昭一ポスター賞、つる植物のよじ登り対象植物選択の網羅的観察」、長谷川佳代(生産環境科学課程4年)、川窪伸光教授(多様性保全学)、12/7、 第51回種生物学シンポジウム(種生物学会)

◎【シンポジウム】東海地域SDGs研究・実践交流会「木曽三川流域圏の未来」「流域を知るためのツールとしてのシミュレーション‐伊勢湾流域圏の河川の事例‐」、大西健夫准教授(流域管理学研究室)、他。12/8(日)

◎【学会開催】第9回中部森林学会大会、12/7(土)10:00~、応用生物科学部棟、申込不要、問い合わせ先、片畑伸一郎助教(森林生態学研究室)

その他、過去のニュース

各種お問い合わせ