雪上実習野外調査生物計測学実験及び実験法シカ行動圏調査鳥類調査魚道調査測量実習樹幹解析




「博物館学芸員」資格養成機関に認定登録
そのほか取得可能な資格一覧

■■■今月の1枚■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チャートの褶曲の様子(岐阜県岐阜市金華山)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
top202004.jpg
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
チャートは、海洋で浮遊生活をしていた放散虫化石の堆積した岩石です。
岩石のような非生物要素への理解も、地域の成り立ちを知るために重要です。
この金華山はかつて稲葉山と呼ばれ、いま大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台に
なっています。

過去の今月の1枚(2019年1月より)

◎【学会開催】
岐阜大学で環境生態科学コースの教員が主担当として開催した
学会情報
jspslogo80.jpg
終了:日本植物分類学会第19回大会、2020年2月29日(土)~3月3日(火)

cyuburogo20160914.jpg
終了:第9回中部森林学会大会、2019年12月7日(土)

◎【お知らせ】
令和2年3月末日をもって、千家正照教授は、定年退職されました。
なお、千家先生は、特任教員(共同研究講座※)として
今後2年間在籍され、引き続き教育研究に携わっていただく
こととなっております。
(※株式会社ユニオン インフラメンテナンス共同研究講座)

開催延期
【最終講義】千家正照教授、全学共通教育講義棟1階多目的ホール、
「40年間の教育研究生活を振り返って」、3/14(土)、13:30~
(開催日は未定です。決まり次第お知らせいたします。)


◎【お知らせ】
平成29年4月に、大学院自然科学技術研究科が設置されました。
応用生物科学部を卒業後、大学院修士課程へ進学される場合は、
この研究科(生物生産環境科学専攻環境生態科学領域)へ
所属することになります。


---新着情報------------------

NEW! 【ウェビナー】「「コメ生産に必要な水の話、地理的表示の保護制度、保全・継承に向けて(生態系サービス、テロワール、お酒について語らう夕べ)」」、乃田啓吾准教授(水利環境学研究室)、4/13(火)、16:15~、オンライン、要申込

NEW! 【イベント】「「昆虫から地球の未来をどう学ぶ?」 〜地球をめぐる3つの問い(1):クエスチョンカンファレンス no.19〜」、岡本朋子助教(昆虫生態学研究室)、4/7(水)、18:30-19:45、オンライン、要申込

◎【シンポジウム】「私たちに人体解剖掛図が語ること」、川窪伸光教授(多様性保全学研究室)他、岐阜シンポジウム、3/27(土)

◎【シンポジウム】「流域圏科学研究センター・高山試験地における地球環境研究と連携」、村岡裕由教授(流域圏科学研究センター、大学院自然科学技術研究科)他、岐阜大学地域協学センターシンポジウム、3/23(火)

◎【発表会】卒業論文発表会修士論文発表会
本年度は、修士論文、卒業論文の発表会は、いずれも学外の方へ公開しておりません。発表題目のみ掲載させていただきます。
ご了承ください。

◎【表彰】学部長表彰(対象業績、Best presenter賞:気候変動研究に関する国際会議 5th International Conference on Climate Changeにおける口頭発表):川合裕己(コース4年生、水利環境学研究室、乃田啓吾助教指導学生)、2/2

◎【プレスリリース】図鑑の出版、「岐阜県の動物 ―哺乳類・爬虫類・両生類・十脚類―」、向井貴彦准教授(自然科学技術研究科)、森部絢嗣准教授(野生動物資源学)他、1/29

◎【受賞】「第71回岐阜新聞大賞受賞者(学術部門)」農業の基盤強化に専心、千家正照名誉教授(元、生産環境科学課程)。千家先生は、現在も、岐阜大学インフラメンテナンス共同研究講座(株式会社ユニオン)に在籍され、コースの教育研究に携わっています。1/27岐阜新聞掲載、2/6受賞式

◎【受賞】52回種生物学シンポジウム ポスター賞
高村紀行(自然科学技術研究科修士2年、多様性保全学研究室)、川窪伸光教授(多様性保全学研究室)、「開花直前の花芽内で,花器官はどのように折りたたまれているのか?」、12/16、種生物学会

◎【広報誌】社会システムのデザインを科学的アプローチから追求し、持続可能な地域社会を目指す、岐大のいぶき、40号、森部絢嗣准教授(兼任)

◎【オンラインセミナー】「森と環境を舞台に、フューチャー・アース」、安藤正規准教授(森林動物管理学)、乃田啓吾助教(水利環境学)他、名古屋大学フューチャー・アース研究センターウェビナー2020、12/22(火)11:30~13:30、要申込12/15(火)、先着順

◎【受賞】「サステイナブルキャンパス賞2020 学生活動部門(「サステイナブルキャンパス推進協議会(CAS-Net JAPAN) 2020年次大会」)」、「環境生態科学コース学生(中藤 駿、西脇 慶、野崎 愛、福田 稜人、山崎 太輔)他3名、岐阜大学における学生主体の生物多様性保全・自然再生プロジェクト」、11/14


その他、過去のニュース

各種お問い合わせ