スタッフ紹介/研究室紹介



大関 泰宏 役職 教授
専門 地理教育,人口地理学
メールアドレス ohzeki@gifu-u.ac.jp


↑コメニウス大学(ブラチスラバ)で研究発表する学部4年生
(スロバキア・オーストリア海外実習にて,2005年3月)


卒業研究や人文地理学の授業レポートを英語で発表し,現地の先生や学生と交流することができました。
2008年3月にはハンガリー巡検やブラチスラバの中学校訪問を加えた2回目の実習を行いました。

3回目実施の予定はありませんが,2010年6月には
コメニウス大学のムラーデク教授が,また翌年9月には
同大のブレハ博士が,それぞれ人口地図と人口政策に
関する講義を岐阜大学で行い,研究・教育に関する交流が
続いています。
子どもたちの探検活動と地図づくりを支援する学部学生と大学院生↑
(岐阜市にぎわいまち公社「マップづくり体験ワークショップ」にて,2005年8月)

教職科目の一部として毎年夏休みに実施しています。
探検と地図は地理学の基礎基本です。子どもたちは地理学を一日体験し,学生は学校教育における地理学の重要性を学びます。



★授業(主要なもの)一口メモ
  ●学部関係
地理学(地図・環境・立地・都市)[1年次:共通教育科目]
 → 高等学校の地理と大学の地理学との橋渡しを意図する。
       視聴覚教材を活用し,地理学の見方・考え方の一端に触れる。

  (「地図」では伊能忠敬・エラトステネスや住宅地図について,
   「環境」では地球温暖化,「立地・都市」ではチューネン圏や
    都市の地域構造モデルを取り上げます。例年,「地図・環境」
    により多くの時間を掛けますが,地理という学問の特性を示す
    部分なので,どうしてもそうなります。)

社会科教育法(学習指導要領・教科書・地理教育・演習)[2年次:教職科目]
 → 中学校社会科の目標,内容および内容の取り扱いについて,
   地理的事象を中心に考察していく。授業では地理学の方法と
   地理的分野との接点を具体的に理解できるように演習を併用する。
   (学習指導要領の改訂による内容の変化は社会科のなかでは
    地理的分野がもっとも大きい。その趣旨を的確に把握するとともに,
    受け継がれてきた地理固有の教育方法を理解するのが授業の目的です。
    実質地域や形式地域,等質地域,機能地域の概念を具体的に学びます。)

人文地理学(都市の地域概念・地域人口分析・人口問題・演習)[3年次:専攻科目]
 → 2年次の「社会科教育法」に引き続き,地理学の基礎的概念・
   理論・方法を学習する。はじめに都市に関して人口集中地区や
   大都市圏,続いて人口分野で人口重心や人口爆発,人口移動,
   人口政策のテーマを事例地域の性格と関連づけながら考察していく。
(2年次も同様ですが,一部の演習でパソコンまたは関数電卓を
     使うことがあります。地域を計量的に分析していく視点も
     地理学の大きな特色です。)
人文地理学演習(卒論ゼミ)[4年次:専攻科目]
 → 卒業研究の進め方を指導します。夏休みまでに研究の目的と
   方法をしっかり組み立てることが重要です。
   秋には調査結果の一部を加えて中間発表を行い,
   年明けに卒論提出・最終発表(試験)です。
   しっかり調査をすれば学部段階でも高く評価される研究が地理では可能です。

  ●大学院関係(地理学研究と教材論を担当します)
人文地理学特論
地理歴史科教材開発研究

★最近の主な研究論文・著書
1. 拡大EUとニューリージョン(共著)
原書房(単行本、2012) /,87-95・313-314
2. スロバキアの人口アトラス
岐阜大学教育学部研究報告―人文科学−(大学・研究所等紀要、 2011) 60/1,21-31
3. 教科書記述からみた地理教育の理科的特性
岐阜大学教育学部研究報告―人文科学−(大学・研究所等紀要、 2010) 59/1,37-52
4. 教科書検定結果からみた社会科の教科特性T−教科書記述の政治的文脈−
岐阜大学教育学部研究報告―人文科学−(大学・研究所等紀要、 2009) 58/1,47-55
5. 地理教育講座 第T巻 地理教育の目的と役割 付総目次・総索引・執筆者総一覧(分担執筆)
古今書院(単行本、2009) /,100-112
6. 地理教育講座 第W巻 地理教育と系統地理(分担執筆)
古今書院(単行本、2009) /,761-768
7. 中学校地理的分野における教材および試験問題の評価―事例試験問題の検討を中心に―
A教師教育研究(大学・研究所等紀要、2008) 4/,187-195
8. 激動するスロヴァキアと日本―家族・暮らし・人口―(共著)
二宮書店(単行本、2008) /,17-27・103-116・117-127
9. 中学校地理的分野の発展学習
地理学報告(大学・研究所等紀要、2007) 104/,38-47
10. 日本の地誌7 中部圏(分担執筆)
朝倉書店(単行本、2007) /,290-298

もどる