ワークショップ2 CD
チーム医療臨床実習(病院・地域)をデザインしてみよう
日  時  2017年4月22日(土) 13:00〜17:00、23日(日)9:00~13:00(8時間)
※22,23日と続く一連のワークショップです。2日間続けて受講してください。
会  場  1号館 6階 会議室
企  画  木内祐二・倉田なおみ・田中佐知子・佐口健一・小林 文・弘中祥司・鈴木久義(昭和大学)
対  象  複数大学(複数学部)による多職種連携医療実習の構築に興味がある方、 医師、歯科医師、薬剤師、看護師、作業療法士、理学療法士など、各職種の教育に関わる関係者を歓迎します。  
定  員  20名
概 要
多職種連携実習などによりチーム医療の実践能力を育てることが医療系の大学教育に望まれている。しかし、特に複数の医療系学部を持たない大学では、病院や地域での多職種連携臨床実習のカリキュラムを作成し、円滑に実践することに困難を感じていると思われる。そこで、本ワークショップでは、複数大学(複数学部)が連携して、病院や地域で多職種連携臨床実習を実践するための支援として、高学年での実習のカリキュラムを構築し、円滑に実践するためのシミュレーションを行う。1日目は、多職種連携臨床実習のカリキュラムを検討し、そのアウトカム、学習目標・方略の具体例を作成する。病院実習と地域医療実習(在宅医療など)のグループに分かれて討議する。2日目は、1日目に検討した病院や地域での多職種連携医療実習を複数大学(複数学部)が協力して実施する場合、カリキュラム作成や実施までのプロセスをどのように進めたらよいかを具体的に検討する。
<< ワークショップ1へ  ワークショップ3へ >>
ページ上へもどる