理念・目標を策定しました

岐阜大学図書館では、これまで、図書館の基本姿勢を示すものとして、「岐阜大学図書館ポリシー2012」を定めていました。
しかし、国立大学法人が第3期目に入り、2025年に向けての「岐阜大学の将来ビジョン」が示されるとともに、
平成28年6月に開催された第63回国立大学図書館協会総会で
「国立大学図書館機能の強化と革新に向けて〜国立大学図書館協会ビジョン2020〜」が採択されたことを受け、
このたび本学の中期目標・中期計画の達成と将来ビジョンの実現の一翼を担うべく図書館の理念・目標を策定しました。


岐阜大学図書館理念・目標(PDF)
国立大学図書館協会ビジョン2020(PDF)

論文フルテキストに簡単にアクセス ― FTFトライアル中!

現在、リンクリゾルバ「Full Text Finder」をトライアル中です。
リンクリゾルバとは、各データベースの検索結果に出てきた論文情報と、
その論文の入手方法をつなぐことにより、
スムーズな文献入手をサポートするシステムです。
使い方としては、下記のようになります。

データベースの検索結果画面などに表示される
「岐阜大学 Find Full Text」などのアイコン・リンクを
クリックすると中間窓(新しいウィンドウ)が開くので、
@電子ジャーナル等でフルテキスト見られるかどうか
A岐阜大学に所蔵があるかどうか
の順に見ていく。どちらもない場合は文献複写を依頼する。

詳しい説明はこちら(PDF)をご覧ください。

また、電子ジャーナルリスト「Publication Finder」もトライアル中です。
分野別に検索できるなど、現在岐阜大学で契約している電子ジャーナルリストとは
異なる特徴を持っています。こちらもぜひお試しください。

・Publication Finder岐阜大学で契約中の電子ジャーナルリスト

 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス(学内者限定)

■デジタル化資料送信サービスについて  利用方法(学内者限定)
 国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料の閲覧(デジタル画像)と複写(デジタル画像の印刷)が行えます。

■利用対象者:  岐阜大学在籍者(学生、教職員)。  学外者は利用できませんので岐阜県図書館等の公共図書館をご利用ください。(参加館
 注: 公費については運営費交付金(寄付金(委任経理金)を含む)予算のみですのでご留意願います。
■利用時間:  平日 9:00〜17:00 (複写物の引き渡しは翌日になる場合があります。)
■利用対象資料:  国立国会図書館デジタルコレクション収録資料で「国立国会図書館/図書館送信限定」マークのある資料。 (利用できる資料
■閲覧申し込み:  サービスカウンターへ利用申込書をご提出ください。 (注: デジタル画像のダウンロードや保存、デジカメ撮影等は禁止です。)
 (利用申込書: エクセル版、 PDF版
■閲覧方法:  サービスカウンター正面(公費用コピー機横)に設置の専用PCにて閲覧ください。(専用PCへのログインは職員が行います。)
■複写申し込み
 (印刷:有料)
:  複写は職員が行いますので利用申込書に複写希望資料の書誌情報やコマ番号をご記入ください。(複写料金は、20円/枚です。)
 MyLibrary(ILL)からのお申し込みの際は、コメント欄に必ず「国立国会図書館デジタル化資料送信サービス」とご明記ください。
■問い合わせ先:  資料サービス係 E-mail: gjin02017@jim.gifu-u.ac.jp (アットマークを半角の@に変更願います)

 

 

e-DDS サービスについて  (e-DDS : Electronic Document Delivery Service の略)

■概要 e-DDS  概念図
・図書館本館及び医学図書館に所蔵する資料の画像データ(pdf)をWeb上で提供する有料サービスです。
・図書館へ来館することなくお申し込みから文献入手までの全てを研究室に居ながらにして行えます。
【注意】製本状態等によってスキャンできない資料は紙媒体でのコピーを学内便で送付しますので少し時間がかかります。

■利用対象者
・運営費交付金(寄付金(委任経理金)を含む)予算をお持ちの岐阜大学教員。
	
■文献複写業務の対象資料
・電子ジャーナルを除く図書館本館及び医学図書館の所蔵資料。
	
■図書館所蔵資料の文献複写ご依頼方法
 .※ H27/5/12〜 OPAC機能追加により雑誌検索後の一括所蔵画面内「複写申込」ボタンにてAもしくはD以降に画面遷移します。
  (「複写申込」ボタンを押しても画面遷移しない時はブラウザのキャッシュ(インターネット一時ファイル)を削除してください。)
@MyLibraryに接続してください。(OPAC及び図書館HP内にもMyLibraryへのハイパーリンクが張ってあります。)

AE-mailアカウントと同じID、パスワードをご入力ください。(シボレス認証ですので入力不要の場合もあります。)

B画面左の「文献複写・図書貸借依頼欄」確認/依頼する(有料)をクリックしてください。

C画面上部中央付近の「新規依頼」ボタンをクリックしてください。

D赤文字の各必須項目に必要事項をご入力ください。

Eコメント欄に【e-DDS】とご明記ください。
 また、寄付金(委任経理金)での支払い希望の場合は、その旨とプロジェクトコード等の財務会計コードを必ずご明記ください。

F画面下部の「学内所蔵を確認しましたか?」欄で「はい」のラジオボタンをクリックしてください。

G「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。

H表示の依頼内容をご確認の上「依頼を行う」ボタンをクリックしてください。

■文献の受け渡し(画像データ)
・画像データ閲覧方法等の詳細は、お申し込み時のE-mail宛にご連絡いたします。
・紙媒体への出力は以下のことを遵守の上ご自身のパソコンでご対応願います。

■著作権法遵守事項  参考:大学図書館における著作権問題Q&A(第8版)(pdf)
・PDFファイル等のデータ保存を行わないこと。(文献画像データを印刷して保存してください。)
・印刷は1部のみしか認められていません。(複数部印刷は不可。)
・第三者へのPDFファイル及び印刷物の配布を行わないこと。
・第三者へのURLの通知を行わないこと。
・図書・雑誌の全頁複写(依頼)はできません。
・雑誌の最新号の複写(依頼)はできません。ただし、発行後3カ月を経過したものは複写(依頼)ができます。

■注意事項
・e-DDS依頼を受付後の処理は、おおむね一両日中(業務日)の完了予定です。
・至急に文献コピーが必要な場合は、e-DDS依頼ではなく従来通りにコピーカードにてご自身でご対応ください。
・文献画像データは、E-mailでお知らせする利用期間内に、学内LANに接続のPCからご利用ください。
・利用期間(閲覧可能日から14日以内)を過ぎると文献画像データファイルはe-DDSサーバ上から自動的に消去されます。
・文献画像データの利用(閲覧)の有無にかかわらず課金対象になります。
・貴重書や破損するおそれのある資料については複写依頼をお断りする場合があります。
・電子ジャーナルは対象外となります。

■文献複写料金及び研究費(運営費交付金、寄付金(委任経理金))からの予算換について
・文献複写料金は、20円/枚です。
・ご利用月の翌月に文献複写料金を研究費から予算換させていただきます。
(通常のNII経由での文献複写取り寄せ等と同様に学部会計に予算換額を報告します。)

 

 

学術認証フェデレーション (略称 学認:GakuNin)サービスによる自宅からの学術情報サービス利用(教職員限定)  H27/10/20 

 総合情報メディアセンターにて「学認サービス」利用環境が整備されましたのでCiNiiの学認サービス提供を開始します。
このことにより自宅等の学外からも岐阜大学Mailアカウント(相互認証連携)で学内と全く同様にCiNiiが利用できます。
認証には総合情報メディアセンターから発行されている大学のアカウントが必要になります。
・学認(概要) → こちら
・本学の学認の対応状況について → こちら
・プロバイダー一覧 → こちら
 CiNii以外の岐阜大学での「学認」対応は、以下のとおりです。
 Cengage Learning、  Maruzen eBook Library −学内Hint、  Nature −学内Hint、   Science Direct −学内HP、
 Scopus −学内Hint、   SpringerLink −学内HP、  Wiley Online Library −学内HP メディカルオンライン −学内HP
 (利用手順は以下のCiNiiとほぼ同様ですがシボレス認証によりMailアカウント入力が不要の場合もあります。)

自宅等からのCiNii(学認サービス経由)利用手順
@
 → A
 → B
@ http://ci.nii.ac.jp/に接続後、画面右上に表示の「ログイン」をクリック。 A 所属機関(岐阜大学)を選択して「Login」をクリック。(SPによってはinstitution (via Shibboleth)等選択) B 総合情報メディアセンター発行の岐阜大学個人Mailアカウント及びパスワードを入力。 C 次に確認画面が現れますが適宜選択していくと@のCiNii検索画面に遷移します。 D 学内と同様の利用条件でご自宅からCiNiiをご利用いただけます。 E 終了する際は、CiNii検索画面右上に表示の「ログアウト」をクリック。 注: 「利用上の注意」をご確認の上ご利用ください。 問い合わせ先: 資料サービス係 E-mail: gjin02017@jim.gifu-u.ac.jp (アットマークを半角の@に変更願います)
 

図書館本館がリニューアルオープンしました            フロアコンセプト(2F、3F)      H26/7/1

 増築後の新棟2階には学生が主体的に学習する共有スペースのラーニングコモンズを整備し、3階には大量の資料や
パソコンを持ち込んでの学習が可能な広めの閲覧コーナーを整備しました。また、1階から3階には図書・雑誌バック
ナンバー約40万冊以上を収蔵可能な書庫を設置するなどして、今回のリニューアルでは学習支援機能の強化及び図書
収蔵能力の向上を図りました。
 H26/7/1(火曜日)にはリニューアル・オープン記念式典が催され、式典後は開館を待ちわびていた多くの方々に利用
していただきました。これからも、さらに多くのみなさまのご利用をお待ちしております。
フロアーガイド 新棟エリア画像

 

 

図書館講習会を開催しました。(H26年10/15、10/22、10/29及び11/12)

 新棟のラーニングコモンズでの図書館講習会及びPCコーナーでの実習の様子です。
 なお、10月には参加希望者多数のため参加をお断りして多くの方々にご迷惑をおかけしましたが、追加講習会を11月12日に実施しました。
 

本館の製本雑誌の配架場所と配架方法が変わりました (H26年7月1日リニューアルオープン以降)

 本館の製本雑誌の配架場所と配架方法を、下記のように変更しましたのでお知らせします。
本館2階 製本雑誌
2ndFloor
本館1階 製本雑誌
1stFloor

 

 

ラーニングコモンズ及びプレゼンルームのご案内     ラーニング・コモンズA(2階玄関北側)        ラーニング・コモンズC(新棟2階南側)


ラーニングコモンズ: 皆で集まって学生が主体的に学習する共有スペースです。図書館資料や個人のPCを持ち込んで個人・グループでの自主学習ができます。
プレゼンルーム: プロジェクターやスクリーンを利用してのプレゼンテーションが可能です。
利用方法: 予約が入っていなければ開館時間中はいつでも自由にご利用いただけます。
予約方法: MyLibraryの「施設予約」にて行えます。また、予約状況もご確認いただけます。
時      間: 8:30頃(開館日平日)からラーニング・コモンズA(2階玄関北側) とプレゼンルームをご利用いただけます。
 
 ○大声は禁止ですが、アカデミックディスカッションOKな空間です。
 ○机・椅子は可動式ですので自由に組み合わせてご利用ください。なお、ご利用後は元に戻してください。
 ○無線LAN環境も整備されていますのでこれらの機器を活用してのグループ討論やプレゼンテーションの準備(リハーサル)等にもご利用ください。


 

ScienceDirectのオンライン講習会開催について                       
  オンライン講習会へのお申し込みはこちらです。→ http://japan.elsevier.com/trainingdesk/        関連ページ(学内)

以下のURLにはオンライン講習会への参加方法や過去に行った講習会(録音版)が掲載してあります。
http://japan.elsevier.com/trainingdesk/

概要:
3フレームのフルテキストページの各種機能、イメージ検索、PDF一括ダウンロードなど、世界最大のフルテキスト
データベースScienceDirectの知っていると便利な機能のあれこれをデモを交えてご紹介します。

主な内容:
・フルテキストページの機能あれこれ(3フレーム、関連論文、被引用数、アプリケーションなど)
・イメージ検索
・検索のコツ(フレーズ、演算子、ワイルドカードの使い方など) 
・ジャーナルタイトルから論文を探す方法
・効果的な情報収集(PDF一括ダウンロード、アラートなど)

主な対象者:
これからScienceDirectを使用しようとしている人と、すでにScienceDirectを使用している人のどちらにもお役に立つ内容です。

==================================
本講習会に関するお問い合わせは、ご所属、氏名、連絡先を記入の上、
下記にご連絡ください。
エルゼビア・ジャパン株式会社
マーケティング 担当:高橋・神田
E-mail: jp.pr@elsevier.com
Tel: 03-5561-5034 (代表)
〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布一丁目ビル4階
==================================
 

SpringerLinkオンラインチュートリアル(字幕付き)のお知らせについて        関連ページ(学内)                 

【オンラインチュートリアル】 SpringerLinkオンラインチュートリアル(字幕付き)

 SpringerLinkの利用方法等が公開されていますのでご覧ください。。

【SpringerLink ユーザガイド】 http://www.springer.jp/librarian/files/SpringerLink_quick_userguide.pdf

【問い合わせ先】シュプリンガー・ジャパン株式会社営業部
        Te3-6831-7004 (平日9時半〜17時受付)
        Fax: 03-6831-7006
        Email: support@springer.jp


 

電子ジャーナルの大量ダウンロードは厳禁です! 

 平成27年2月2日に電子ジャーナル提供元から大学全体の利用が停止されるといったペナルティを受けました。このペナルティは学内のパソコンから電子ジャーナル(メディカルオンライン)の文献大量ダウンロードといった不正利用が行われたことによるものです。
一人の不正利用によって大学全体にペナルティが科せられ教育・研究に支障を来す重大な事態となりました。電子ジャーナル利用の際は「電子ジャーナル利用上の注意」ページを必ず確認しルールを遵守してください。

ちなみに、不正利用が行われたPCのIPアドレスを通告されています。

電子ジャーナル利用上の注意       電子ジャーナル提供機関別利用規約一覧は、こちら
 
------------------------------------------
 平成24年1月6日に学内のパソコンから電子ジャーナル(メディカルオンライン)の文献大量ダウンロードがあり、提供元から不正利用として警告を受けました。
再度このような不正利用があれば大学全体の利用が停止されるなど重大な問題となりますので、電子ジャーナル利用の際は「電子ジャーナル利用上の注意」ページを必ずご確認ください。
 
------------------------------------------
 平成23年5月8日から12日にかけて学内のパソコンから電子ジャーナル(メディカルオンライン)の文献大量ダウンロードがあり、提供元から不正利用として警告を受けました。(特定雑誌の数年分について、時系列的に全論文ダウンロードされていました。)
再度このような不正利用があれば大学全体の利用が停止されるなど重大な問題となりますので、電子ジャーナル利用の際は「電子ジャーナル利用上の注意」ページを必ずご確認ください。

 

公費による複写(コピーカード)方式について

 図書館での公費複写方式は、チャージ式プリペイドカードを使用しております。(平成17年4月1日から)
平成26年4月1日から専用ICカードに変更します。(H26年4月にコピー業者担当者によって従来のカード残度数をICカードに書き換えます。)
(残度数の移行だけであれば費用は発生しません。また、申込書は不要です。)

@ お申し込み方法(新規コピーカード作成)
 申込書(ここをクリック)を印刷し、記入・捺印をした用紙持参で図書館2階カウンター
又は医学図書館2階カウンターへ平日9時から17時までにお越しください。
 もし、代理の場合、予め電話でその旨の連絡をお願いします。
A コピーカードの残り度数が少なくなった場合(チャージ)
 申込書(ここをクリック)を印刷し、記入・捺印をした用紙とコピーカード持参で図書館2階カウンター
又は医学図書館2階カウンターへ平日9時から17時までにお越しください。
 もし、代理の場合、予め電話でその旨の連絡をお願いします。

 料金(平成26年4月1日以降の新規お申し込みは以下の費用になります。)
      100枚用カード 1,100円
      300枚用カード 3,300円
      チャージ     100枚分(1,100円) or 300枚分(3,300円)
      [参考] コピー料金単価: 白黒:@11円/枚 カラーコピー:@55円/枚
 経費振替 毎月
        教員研究費(運営費交付金)での振替になります。
        寄附金(委任経理金)の場合は、プロジェクトコード等の財務会計コードをご記入ください。

 お問い合わせ先   所属学部等担当係名
 医学部以外の学部   資料サービス係 (内線2193)  
 医学部,附属病院 医学図書館係  (内線6590)
.

 

 

本館及び医学図書館で借りた図書を双方どちらの図書館にでも返却できる「学内返送サービス」を開始しました。

 本館及び医学図書館で借りた図書を双方どちらの図書館にでも返却できますのでご利用ください。(H26/11/04)
ただし、ご利用の際は以下のことにご留意ください。

  ◆このサービスの受付時間は、平日(開館日)の9:00〜17:00のみです。
  ◆返却場所は本館及び医学図書館の2階カウンターのみです。
  (返却ポストには他館で借りた図書を絶対に入れないでください)
  ◆このサービスで図書が貸出館に返送されるのは翌日になる場合があります。
  ◆このサービスの対象者は学内者のみです。
  ◆業務システムの制約により他館では即時返却処理ができないため申し訳ございませんが以下についてご了承願います。
   ■返却処理が翌日になる場合があります。
   ■返却処理が完了するまではMyLibrary上や当該図書のOPAC上の表示は「貸出中」のままです。
   ■返却処理が完了するまでに新たな貸出をしようとすると貸出冊数オーバーになる場合があります。

 貸出冊数が限度冊数の場合や引き続き図書を借りたい時などお急ぎの場合は貸出館に直接出向いて返却処理を行ってください。




公共図書館(東海・北陸地区)との図書の相互利用を行っています

対 象 資 料  岐阜、愛知、三重、富山、石川、福井の公共図書館が所蔵する図書
手数料,送料  無料
申込み方法  相互貸借(大学等間)申込み用のWebサービス(MyLibrary)で、または、所定の
申込書に「○○○図書館から取り寄せ」と明記して図書館2階サービスカウンターへお申し込みください。
    蔵書検索をしたうえで、所蔵する図書館の請求記号、図書番号等を付記願います。
注 意  教員の方は、研究室までの持ち出しができます。
 学生の方は、平日9時〜17時に岐阜大学図書館内での利用になります。
 ただし、申し込みの際に指導教員の許可があれば研究室への持ち出しができます。
お問い合わせ先  資料サービス係(内線2193、058-293-2193)
参 考(pdf)   http://www.library.pref.gifu.lg.jp/riyo-annai/raikan-dekinai/file/sougonetwork.pdf (岐阜県図書館)








           

.
Top page | 前の画面へ戻る