規定

   岐阜大学サテライトキャンパス規程
                               平成24年9月7日
                               規程第43号
(目的)
第1条 この規程は,岐阜大学サテライトキャンパス(以下「サテライト」という。)に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(設置目的)
第2条 サテライトは,本学の教育研究,社会貢献を推進するための新たな活動拠点として設置する。

(場所)
第3条 サテライトは,岐阜市吉野町6丁目31番地(岐阜スカイウイング37)内に設置する。

(サテライト運営責任者)
第4条 サテライトに,サテライト運営責任者(以下「運営責任者」という。)を置き,教育推進・学生支援機構長をもって充てる。
2 運営責任者は,教育推進・学生支援機構が定める運営方針等に基づき,サテライトの管理運営を統括する。

(使用者)
第5条 サテライトを使用することができる者は,次の各号に掲げる者とする。
 一 本学の学生
 二 本学の役員及び職員
 三 本学の名誉教授
 四 本学の卒業生及び修了生
 五 ネットワーク大学コンソーシアム岐阜等,サテライトを利用して行う事業の関係者
 六 その他,運営責任者が適当と認めた者

(施設)
第6条 サテライトに,多目的講義室,ミーティングルーム,インフォメーションプラザ,ラーニングコモンズ及びその他の施設を置く。

(用途)
第7条 前条の施設は,次の各号に掲げる用途に使用するものとする。
 一 本学が行う教育研究
 二 本学が主催又は共催する事業
 三 本学が行う企業等との各種相談
 四 本学の広報活動
 五 本学の学生の自学自習
 六 本学の学生の活動又は行事のうち,運営責任者が適当と認めたもの
 七 第5条第4号に規定する関係者が行う事業
 八 その他,前各号の使用に支障のないものとして,運営責任者が適当と認めたもの

(休館日)
第8条 サテライトは,次の各号に掲げる日は使用できない。
 一 12月28日から翌年1月4日まで
 二 その他,運営責任者が指定する日

(庶務)
第9条 サテライトの管理運営に関する庶務は,学務部において処理する。

(雑則)
第10条 この規程に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

   附 則
 この規程は,平成24年9月7日から施行する。
   附 則
 この規程は,平成26年4月1日から施行する。
   附 則
 この規程は,平成27年4月1日から施行する。
   附 則
 この規程は,平成27年10月1日から施行する。

規定のPDFはこちら



   岐阜大学サテライトキャンパス使用細則
                               平成24年9月7日
                               細則第21号
(趣旨)
第1条 この細則は,岐阜大学サテライトキャンパス規程(以下「規程」という。)第10条に基づき,岐阜大学サテライトキャンパス(以下「サテライト」という。)の使用に関し,必要な事項を定めるものとする。

(使用時間)
第2条 サテライトの使用時間は,午前8時30分から午後6時10分とする。ただし,規程第4条に規定するサテライト運営責任者(以下「運営責任者」という。)が学生の授業等特別な事情があると認めた場合は,午後9時30分まで延長することができる。

(使用手続)
第3条 多目的講義室,ミーティングルーム等の使用を希望する者(以下「使用申請者」という。)は,原則として使用日の6か月前から7日前までに,別に定める申請書を運営責任者に提出し,許可を受けなければならない。ただし,運営責任者が認める場合はこの限りではない。
2 運営責任者は,前項に規定する申請書を受理し許可するときは,別に定める使用許可書を交付するものとする。
3 前2項の規定にかかわらず,規程第7条第8号に掲げる用途については,資産管理細則の定めるところにより学長の許可を受けなければならない。この場合において,同細則に定める関係書類は,運営責任者に提出するものとする。 4 第2項又は第3項の許可を受けた使用申請者は,使用責任者となる。

(使用責任者の責務)
第4条 使用責任者はサテライトの使用に際し,次の各号に掲げる事項を遵守し,適正に使用しなければならない。
 一 許可された使用目的以外の用途に使用しないこと。
 二 施設,設備,備品等を常に良好な状態に保つよう努めること。
 三 使用の許可を受けたものの一部又は全部を他の者に転貸しないこと。
 四 使用を終えたときは,直ちに原状回復すること。

(使用許可の取消等)
第5条 運営責任者は,次の各号に該当するときは,第3条第2項の使用許可を取り消し,又は使用を中止させることができる。
 一 使用責任者がこの細則に違反し,又は違反するおそれがあると運営責任者が認めたとき
 二 使用責任者が,使用申請書等に虚偽の申請をしたとき
 三 本学において,管理上の事由が生じたとき
2 運営責任者は,第3条項の許可を得た使用責任者に対する当該使用許可の取消し,又は使用の中止について,学長に申し出ることができる。

(使用料)
第6条 使用責任者は,規程第7条第1号から第7号に掲げる場合を除き,本学が指定する方法により使用料を納付しなければならない。
2 使用料は別表に定める額とする。
3 既納の使用料は返還しない。ただし,使用責任者側の責によらない事由で運営責任者が認めた場合はこの限りではない。

(損害賠償)
第7条 使用責任者は,故意又は過失により施設,設備,備品等を滅失,破損又は汚損したときは,その損害を賠償しなければならない。

(禁止行為)
第8条 サテライトにおいては,次の各号に掲げる行為をしてはならない。
 一 所定の場所以外での文書,図画等の掲示
 二 他人に迷惑を及ぼす行為
 三 営利活動,政治活動又は宗教活動を目的とした行為
 四 その他禁止行為として運営責任者が認める行為

   附 則
 この細則は,平成24年9月7日から施行する。
   附 則
 この細則は,平成25年4月1日から施行する。
   附 則
 この細則は,平成26年4月1日から施行する。
   附 則
 この細則は,平成27年10月1日から施行する。
 

別表(第6条関係)                 【平成26年4月1日一部改正】
      施設区分   面積(m2   1時間当たり使用料
 多目的講義室(大)※   175     4,320円
 多目的講義室(中)    90     2,365円
 ミーティングルーム(A)    21       410円
 ミーティングルーム(B)    13       266円
備考
1.使用料には,消費税相当額を含む
2.使用料は,1時間当たり使用料の金額に当該施設の使用時間数を乗じた金額とする
3.時間数が1時間未満の場合は,切り上げる
※ 多目的講義室(大)については2分割して使用することも可能(その場合,1時間当たり使用料は,各2,160円)
使用細則のPDFはこちら



   岐阜大学サテライトキャンパスの使用に関する申合せ
                               平成26年3月18日
                                  教学委員会制定
(趣旨)
第1 岐阜大学サテライトキャンパス(以下「サテライト」という。)の使用に関しては,岐阜大学サテライトキャンパス規程(以下「規程」という。),岐阜大学サテライトキャンパス使用細則(以下「使用細則」という。)の定めによるもののほか,この申合せの定めるところによる。

(申請受付,使用許可の時期)
第2 使用申請者は,原則として使用日の6か月前から7日前までに申請書をサテライト運営責任者に提出し,許可を受けなければならない。
2 前項の規定にかかわらず,学会,シンポジウム,フォーラム等の開催にあたり,案内の関係上,6か月以上前の使用許可を要する場合にあっては,岐阜大学学則に定める休業日及び当該年度の学年暦における授業を実施しない日(定期休館日を除く。)(以下「休業日及び授業を実施しない日」という。)に限り,使用日の1年前から申請書を提出することができる。

(サテライト使用許可の優先順位)
第3 サテライトの使用を許可する場合にあっては,以下の優先順位とする。ただし,休業日及び授業を実施しない日にあっては,申請の先着順とする。
 一 本学の授業(ネットワーク大学コンソーシアム岐阜(以下「コンソーシアム」という。)の単位互換授業,共同プログラム,公開講座を含む。)
 二 本学が主催又は共催する事業(岐阜大学,学部,センター等が主催又は共催するシンポジウム,フォーラム,セミナー等であって,コンソーシアムの事業を含む。)
 三 本学の学生の活動
 四 本学の職員の研究発表等(学会に関するものは除く。)
 五 本学の名誉教授の研究発表等(学会に関するものは除く。)
 六 本学の卒業生及び修了生の活動
 七 本学の職員が開催に係わる学会活動
 八 本学の名誉教授が開催に係わる学会活動
 九 自治体等の公的事業
 十 市民等からの使用申請等

(仮予約の取扱い)
第4 使用時期は決まっているが実際の使用日が決定していない場合における仮予約の受付については,2候補日までとし,仮予約した日から3週間以内に使用日を決定しなければならない。

(サテライトキャンパス運営責任者が指定する休館日)
第5 規程第8条第2項に規定する休館日は,各号のとおりとする。
 一 岐阜大学の夏季における一斉休業日
 二 毎月第3週の土曜日及びその翌日の日曜日(ただし,8月にあっては第2週の土曜日及びその翌日の日曜日)
 三 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の「憲法記念日」,「みどりの日」,「こどもの日」及びこれらの祝日の振替休日

   附 則
 この申合せは,平成26年4月1日から実施する。
   附 則
 この申合せは,平成27年4月1日から適用する。
   附則
 この申合せは,平成27年6月16日から実施する。

使用に関する申合せのPDFはこちら