野球肘

病態

投球動作によって生じたひじ関節痛の総称です。少年では離断性骨軟骨炎が多いですが、内側側副靭帯起始部での剥離骨折や断裂も生じます。10~16歳、投手に多いです。

症状

投球時、後の肘痛が出現します。骨軟骨が剥離するとひっかかり、肘が動かなくなったり腫脹が生じます。

治療

安静とし投球を中止させ、剥離した骨軟骨の癒合を待ちます。
早期復帰や完全に骨軟骨片が遊離した場合には手術をします。投球フォームや身体の硬さに注意が必要です。

上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎のX線像とMRI

上腕骨小頭で剥離した骨軟骨片

「運動器の10年日本委員会島根県推進委員会」作