第28回バイオメカニズム学術講演会(SOBIM2007 in Gifu)
− 講演募集・参加要領 −
2007.11.15更新

主催: バイオメカニズム学会 SOBIM2007
会期: 2007年11月10日(土)11日(日) in Gifu
会場: 岐阜大学工学部 Society of
〒501-1193 岐阜市柳戸1-1 Biomechanisms



第28回バイオメカニズム学術講演会は,無事終了いたしました.
講演会にご参加くださいました方々および
運営を担当してくださいました方々の
ご尽力のおかげと,深く感謝いたしております.
ありがとうございました.




講演会のプログラムを上載しました(PDF).
ご確認をお願いいたします.
(2007年10月18日改訂版


車で来られる方は入構料が必要です.
再入構の仕方等を本HPでご確認ください.

無線・有線LANをご利用いただけます(106番教室のみ).
有線LANを利用する方は,LANケーブル(2m程度で十分)を
ご持参ください.ネットワークを安定してご利用いただけます.

講演発表申込は締め切りました.
多数のお申込み,ありがとうございました.

 本年の第28回バイオメカニズム学術講演会は,岐阜大学で開催されます.人間を支援することができる機械システムは,いろいろな面で人間との相性が優れていなければなりません.そのためには,運動学,動力学,生理学に加えて,情報学,心理学,生態学などの面からのアプローチも必要です.この総合的なアプローチを「人間科学に基づくヒューマン−マシン・エンジニアリング」と名づけて,今回のテーマとしたいと思います.皆様の積極的な参加をお待ちしています.

実行委員長:谷 和男(岐阜大学)
プログラム委員長:川崎晴久(岐阜大学)

特別講演

「超速ハイパーヒューマン技術とその医療応用」 金子 真(大阪大学大学院教授)
 ヒトの能力をはるかに超えた技術“ハイパーヒューマン技術”は,新しい医療診断技術を切り開く起爆剤になる可能性を秘めている.ヒトの約30倍速い認識能力を有する超高速ビジョン,ヒトより20倍以上すばやく動作する高速アクチュエーションにスポットをあて,個々のシーズ技術の現状と医学診断技術への新展開についてビデオを使って紹介する.

講演募集 (講演募集は終了しました)

■ 募集テーマ・分類番号

A01 身体運動の解析・シミュレーション A13 生体の制御・情報処理
A02 動物の形態・運動 A14 感覚・バーチャルリアリティ
A03 植物の形態・運動 A15 リハビリテーション機器・日常生活用具
A04 形態・運動の適応・進化 A16 看護・介護・介助
A05 人類学・古生物学・動物学 A17 疾患メカニズム・臨床応用
A06 体育・スポーツ・労働 A18 生体材料・生体組織
A07 バイオミメティクス A19 人工臓器・呼吸・循環
A08 ロボティクス A20 発声・発話・聴覚・視覚
A09 義肢装具 A21 身体接触製品・被服・什器
A10 生体機能の計測 A22 デジタルヒューマン・CADマネキン
A11 身体運動の計測 A23 その他のバイオメカニズム
A12 歩行分析

■ 講演資格

講演者は学生も含めて本学会または協賛団体の会員であることを要します.講演初日に35歳以下の本学会員発表者(登壇者)はバイオメカニズム学会奨励賞の対象となります.

■ 講演方法

講演は質疑応答を含め20分の予定です.発表用機器としてPCプロジェクタを用意します.ただし,PCプロジェクタを使用される方は,コンピュータを持参してください.その他の機器は,原則として用意いたしません.講演の都合上,その他の機器の使用が不可欠な場合は,事前に事務局までご連絡ください.

■ 講演申込み方法

「講演発表申込書」(Excel, PDF)をコピーし,所定の事項を記入の上,FAXまたは郵送にてお送りください. E-mailの場合は,ホームページから「講演発表申込書」をダウンロードし,所定の事項を記入の上,添付ファイルとしてお送りください.採否はプログラム担当に一任ください.

■ 講演申込み締切  2007年7月6日(金)必着 (講演申込みは終了しました)

■ 予稿集原稿

特別な原稿用紙は用意しませんので,「原稿の作成方法」(PDF)(作成例:Word, PDF)をご参照ください.なお,原稿はA4用紙を用い,原則2ページまたは4ページの偶数枚とします.6ページ以上でも受理しますが,1ページあたり2000円追徴いたします.紙で提出される場合は,原稿送付時にコピーを2部添えてください.電子投稿される場合は,PDFファイルのみ受け付けます.E-mailに添付してお送りください.

 予稿集原稿締切  2007年9月28日(金)必着 (予稿集原稿は締め切りました)

■ 講演発表申込書・予稿集原稿送付先

〒501-1193 岐阜市柳戸1-1
岐阜大学工学部人間情報システム工学科内
第28回バイオメカニズム学術講演会事務局 代表 谷 和男
(電話:058-293-2783,Fax:058-230-1892)
申込・投稿e-mail tkz-sobim2007[アットマーク]gifu-u.ac.jp
学術講演会HP http://www1.gifu-u.ac.jp/~tkz/sobim2007
(「[アットマーク]」を「@」に書き換えてください)

学術講演会参加

■ 参加費

会員(協賛団体会員を含む) ¥10,000(予稿集含む)
非会員 ¥13,000(予稿集含む)
学生(予稿集セット価格) ¥5,000(予稿集含む)
学生 ¥2,000(予稿集なし)
予稿集 ¥5,000

■ 懇親会費(11月10日夜 17:30〜)

一般 ¥4,000 学生 ¥1,000

■ 参加事前登録および参加費振込(希望される方は,10月12日(金)までにお願いいたします)
   (参加事前登録は終了しました.当日お支払いください)

学術講演会参加の事前登録および参加費振込をされる方は,「第28回バイオメカニズム学術講演会事前参加登録用紙」(Excel, PDF)の記載にしたがってください.

■ 交通

JR岐阜駅,名鉄岐阜駅から岐阜バスで約30分,岐阜大学下車
岐阜バスHP: http://www.gifubus.co.jp,岐阜大学HP: http://www.gifu-u.ac.jp
・岐阜大学キャンパス線(JR岐阜駅バス乗り場B番,名鉄岐阜駅バス乗り場D番)
・岐南町線(JR岐阜駅バス乗り場B番,名鉄岐阜駅バス乗り場C番)
が利用できます.
JR岐阜発バス時刻表(10日,11日) 名鉄岐阜は表記の2分後に止まります.
8時台 大813 り822 大823 山口843 ◎850 り857
9時台 ◎905 大913 ◎920 病928 り947 大953
大:岐阜大学行き,り:岐阜大学病院行き(岐南町線),病:岐阜大学病院行き,◎:岐阜大学行き(直行,増発),山口:中2丁目経由織部の里もとす本巣山口行き
車による来場 (2007.10.24追加)
自家用車で来られる方は,大学構内の駐車場を利用できます(有料).
構内ゲートを出るときに100円をお支払いください.同一日に再入構される場合,ゲートを出るときに前回支払いの領収書を見せれば無料となります.
JR岐阜駅バス乗り場
B番: 岐阜大学キャンパス線
B番: 岐南町線
名鉄岐阜駅バス乗り場
D番: 岐阜大学キャンパス線
C番: 岐南町線

■ 宿泊

宿泊施設の紹介はHPを参照ください(PDF).また,予約は参加者各自で行ってくださいますようお願いいたします.
音楽教育関係の学会が同日開催されますので,お早めに.

■ 会場

昼食は,両日とも第一食堂で可能です.大学外の飲食店は近辺にありません.

機器展示・研究展示(11月10日(土),11日(日)) (2007.10.24追加)

機器展示は,第二食堂で行います.出展企業は以下のとおりです.
インターリハ株式会社
有限会社AMTI JAPAN (エイ・エム・ティ・アイ・ジャパン)
有限会社追坂電子機器
株式会社応用計測研究所
財団法人岐阜県研究開発財団
株式会社テック技販
株式会社ナックイメージテクノロジー
株式会社日立メディコ
株式会社ビュープラス
株式会社フォーアシスト
武蔵 株式会社
ブース展示(11月10日(土),11日(日)),予稿集掲載広告の募集を行っております.(PDF)

■ 機器展示:企業の扱っている関連商品や技術の展示・実演ができます

◇1ブース 間口1.8 m.1.8 m ×60 cmの机を用意します.5万円/1ブース
 ご希望により広いスペースも用意いたします.
◇カタログ展示:1万円
 スペースのご相談,申し込み方法など詳細は申込先担当にお問い合わせください.

■ 掲載広告募集

学術講演会予稿集に掲載します.250部発行予定
A4版1ページ2万円,半ページ1万円,色:モノクローム,版下は貴社でご用意ください.

■ 研究展示

研究教育機関で研究成果の実物展示を希望される方は,お知らせください.

■ 申込み・相談

申込締切 2007年7月6日(金)(ブース展示・予稿集掲載広告の募集は終了しました)
申込先担当 毛利哲也
(電話:058-293-2548,Fax:058-230-1892,E-mail:mouri[アットマーク]gifu-u.ac.jp
(「[アットマーク]」を「@」に書き換えてください)

学術講演会運営組織

■ 協賛団体(50音順)

計測自動制御学会 日本建築学会 日本福祉のまちづくり学会
システム制御情報学会 日本作業療法士協会 日本補綴歯科学会
情報処理学会 日本シミュレーション学会 日本理学療法士協会
人工知能学会 日本写真測量学会 日本リハビリテーション医学会
人体科学会 日本人工臓器学会 日本リハビリテーション看護学会
精密工学会 日本人類学会 日本リハビリテーション工学協会
電気学会 日本生活支援工学会 日本臨床スポーツ医学会
電子情報通信学会 日本整形外科学会 日本臨床神経生理学会
日本運動生理学会 日本生体医工学会 日本臨床バイオメカニクス学会
日本FES研究会 日本生理学会 日本ロボット学会
日本看護科学学会 日本体育学会 日本ロボット工業会
日本看護技術学会 日本体力医学会 ヒューマンインタフェース学会
日本看護研究学会 日本人間工学会 ライフサポート学会
日本機械学会 日本バイオマテリアル学会 臨床看護研究学会
日本義肢装具学会 日本バイオメカニクス学会 臨床歩行分析研究会
日本義肢装具士協会

■ 後援

財団法人 岐阜観光コンベンション協会

■ 委員会組織

実行委員長 谷 和男(岐阜大)
プログラム委員長 川崎晴久(岐阜大)
アドバイザー 加藤厚生(愛知工大),中川昭夫(神戸学院大)
実行委員 伊藤 聡(岐阜大),稲葉昭夫(岐阜県生産研),
川村拓也(岐阜大),櫛橋康博(早大WabotHouse研究所),
坂口正道(名工大),佐々木実(岐阜大),
寺田和憲(岐阜大),長谷和徳(名大),毛利哲也(岐阜大),
矢野賢一(岐阜大),山田宏尚(岐阜大)
プログラム委員 池浦良淳(三重大),遠藤孝浩(岐阜大),
大日方五郎(名大),木塚朝博(筑波大),
才藤栄一(藤田保健衛生大),田中 繁(国際医療福祉大),
速水 悟(岐阜大),松丸隆文(静岡大),
森本正治(大阪電気通信大),横井孝志(産総研)

■ 事務局

〒501-1193 岐阜市柳戸1-1
岐阜大学工学部人間情報システム工学科内
第28回バイオメカニズム学術講演会事務局 代表 谷 和男
(電話:058-293-2783,Fax:058-230-1892,E-mail:tani[アットマーク]info.gifu-u.ac.jp
総合e-mail tkz-sobim2007[アットマーク]gifu-u.ac.jp
学術講演会HP http://www1.gifu-u.ac.jp/~tkz/sobim2007
(「[アットマーク]」を「@」に書き換えてください)