岐阜大学医学部付属病院 生育医療・女性科(産婦人科)
トップページ 外来診療案内 診療スタッフ 診療の特徴 研修案内
診療受付
予約センター
TEL.058-230-6123
TEL.058-230-6124
予約センター受付時間
8:30〜17:00
(土日祝休)
はじめに
産科婦人科〔外来表示では成育医療・女性科(産科婦人科)となっています〕は、女性のライフサイクルと密接に関係のある診療科です。日本女性のライフサイクルは、ほんの数十年の間に、大きな変化を遂げています。初経が早くなり、晩婚化し、子供の生みはじめが遅くなり、生み終わるのは早くなっている傾向にあります。また、閉経は遅くなる傾向にあり、閉経後の人生も昔に比べるとずっと長くなりました。晩婚化や少子化は、子宮内膜症、子宮体癌、卵巣癌などの増加をもたらすことがあり、周産期医療においても、経産婦と初産婦の比率が変化し、帝王切開などの分娩の取り扱いにも影響が出ています。また、避妊を要する期間も長くなっています。平均寿命が延びたことにより、閉経後の女性はその後の人生について、骨粗鬆症のケアなど健康に生きるための対策が必要になってきています。いずれにしても、女性のライフサイクルの変化は産婦人科医療にも大きな影響を与えており、期待される医療も変化しつつあると考えられます。当科ではこういった変化しつつある女性の生涯を通してのあらゆる悩みに対処できるよう、きめこまやかでかつ高度の診療をめざしています。

平成16年6月の岐阜大学病院の移転、開院に伴い、診療録すべての電子化、同一の疾患には同一の医療サービスを供するクリニカル・パスが導入されています。診療録の電子化およびクリニカル・パスの導入により、医療の水準が向上し、患者さまのプライバシーを含めた安全性が保証されると考えられます。