ホーム > 医学教育共同利用拠点について
医学教育共同利用拠点について
医学教育開発研究センターが文部科学省・医学教育共同利用拠点に再認定されました(平成27〜31年度)。
医学教育開発研究センタ ーは平成13年4月に全国共同利用施設として設立されて以来、国公私立大学を通じた情報及び研修機会の提供に努め、医学教育の改善のために活動してきました。平成22年度からは、大学間連携を図る取組を一層推進するために創設された「教育関係共同利用拠点」認定制度に伴い、医学教育分野で唯一の認定を受けました。拠点認定以降も、新しい医学教育法の開発、医学教育に貢献できる人材育成、国内外の医学教育機関との連携・共同研究を推進してきました。特に、毎年4回開催される「医学教育セミナーとワークショッ プ」は全国規模の教員養成プログラムとして高く評価されており、平成27年度には、「教育関係共同利用拠点」の再認定を受けました。
今後も全国の教育機関と連携して、一層、医学・医療教育の発展と向上に貢献していきたいと考えています。
  文部科学省「教育関係共同利用拠点」の認定について
  拠点認定に関する申請書(PDF)

医療者教育フェローシップ事業について(H27年度〜)
  医療者教育フェローシップの構築:体系的FD・メンタリング・研究支援を融合した新たなFDの全国展開(PDF)
多職種連携医療教育共同開発事業の選定について(H22〜26年度)
  多職種連携医療教育法の開発とFDの全国展開(PDF)
ページ上へもどる