私達の研究室では、分子や臓器の'かたち'に着目し、その'かたち'を制御するための、医薬品や医療デバイスの研究開発を行っています。特に'かたち'を数理理論に基づいて理解し、その上で実際に分子やマシンを法律に基づいて開発・製造するとともに、具体的に疾患の治療に応用します。
MERSへの対応について: 2015-6-2
鳥インフルエンザへの対応について: 2015-6-2  
デング熱への対応について: 2014-9-16  
エボラ出血熱への対応について: 2014-9-16  
サイトリニューアル:2014-9-16
インフルエンザ(H1N1)2009への対応について  
量子化学計算プログラム 「 PAICS 」 の公開 : 2010-5-19  
Paul Ehrlich Magic Bullet 賞 : 2008-10-10  
 ※各リンクをクリックすると記事が開きます。 過去のイベントやお知らせはこちらから

岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科医療情報学専攻

大学院医学系研究科遺伝発生学分野

応用生物科学部野生動物管理学研究センター
人獣共通感染症研究部門

研究推進・社会連携機構 学術院 生命科学研究部門